便利なグッズ

熱帯魚の飼育には、専用の水槽が必要です。
熱帯魚は熱帯の海で生きている魚なので、それと同じ環境を作り出せる水槽でなければ、飼育できないのです。
具体的には、ヒーターとフィルターがついている水槽です。
ヒーターは、水温を適度に温めてくれます。
すると水温が上昇して糞などから雑菌が繁殖しやすくなるのですが、それをフィルターが防いでくれます。
この水槽があって初めて、熱帯魚は飼育可能になります。
そしてこれらはいずれも、ペットショップで販売されています。
もちろん熱帯魚自体も、ペットショップで売られています。
さらにペットショップでは、熱帯魚の飼育に便利なグッズが多く販売されています。
たとえば水温計です。
水温は季節や気候に左右されますが、水温計を見ながらヒーターの温度調節をすれば、年中同じ水温を保つことができます。
また、ライトもペットショップにあります。
ライトを水槽に装着しておくと、熱帯魚が光に照らされて美しくきらめくので、熱帯魚の飼育が一層楽しいものとなります。
水槽の掃除をする魚も、ペットショップで売られています。
これを一緒に飼育すると、水槽内のコケを食べてくれるので、水槽や水の美しさを保ちやすくなるのです。
このようにペットショップには、たくさんの飼育グッズがあるのです。
専用の水槽があれば熱帯魚を飼育するだけなら可能ですが、ペットショップで上記のグッズを購入することで、より充実した飼育が可能になるのです。

予測

熱帯魚の飼育について、皆さんもご存じのとおり熱帯魚とは、文字通り熱帯地方の暖かい川や海に棲息している美しい魚たちのことです。
ペットショップなどでは淡水に生息している魚たちのことを主に熱帯魚と呼ぶ傾向があります。
ここでは淡水魚の飼育法について、そのポイントを説明します。
まずは、ペットショップなどで熱帯魚の飼育セットを購入してきます。
熱帯魚の飼育セットには、水槽はもちろんのこと、サーモスタット付きのヒーターやろ過機が必要になってきます。
そして、ペットショップで熱帯魚を購入する前に水を作ることが重要になります。
一般的に水道水を使うことが多くなりますが、水道水の中には塩素が入っていますから、カルキ抜きを使って塩素を取り除く必要があります。
そして、ろ過機とヒーターをセットするのです。
ペットショップの様に水槽内に水草も植えたいのであれば、敷き砂などを水槽の底に敷く必要が出てきます。
熱帯魚が一般家庭で飼育されるようになって半世紀以上が経ちますが、これからも熱帯魚の飼育器具が進歩することでますます飼育する人が増えることが予測されます。
その一方で、ペットショップは生存競争が激しく、経営を長く続けることはなかなか難しいものです。
ですが、熱帯魚の卓越した飼育技術を持った経営者ならば、ペットショップを大きくすることも可能です。
ペットショップの経営を安定させるためにも、独自の商品をメーカーとタイアップして創り出していくことも必要と考えます。